きじとらのギター雑談所

きじとらのギター雑談所

ギターや音楽についてのあれこれ

【ギター】レガートの練習フレーズ【TAB有】

こんばんはきじとらです。

色々あって年内のライブの予定が全て無くなってしまい虚無になっています。

元気出していきましょう、エーザイ。

レガートの練習フレーズ

 

さて前回前々回のフレーズ紹介の記事では、ハンマリングオン、プリングオフについて触れてきましたのでこの流れでレガートの練習をしてみましょう。

過去2回の記事はこちらからどうぞ!

www.kijitoraguitar.com

 

www.kijitoraguitar.com

レガート(legato)とは?

レガートlegato)は、音楽のアーティキュレーションのひとつ。ある声部において、連続する2つの音(通常音の高さは異なる)を途切れさせずに滑らかに続けて演奏することである。

-Wikipediaより抜粋

 

へ~、レガートってイタリア語だったんですね初めて知りました。

それはさておき、要するにレガートとは音を途切れさせずに滑らかに演奏する奏法のことを指すようですね。

 

このブログでは厳密に「これはレガートだ!」「これはレガートではない!」などと言ったThe 不毛な議論をする気は一切なく、”プリングオフとハンマリングオンによって多くが構成される一連のフレーズ”のことをレガートとして扱いたいと思います。

演奏する上での注意点

さて演奏する上での注意点がいくつかあります。

ミュートに注意!

まず1つ目はやはりミュートをちゃんとして余計な音を鳴らさないように心がけることです。

ハンマリングオンやプリングオフ単体の時よりも左手は常に忙しく動いているのでミュートの難易度は上がります。

最初はノイズが混じっていても全然大丈夫です、弾く度に工夫して少しずつ減らしていきましょう(^▽^)/

 

音がちゃんと出ているか注意!

過去の記事でも書いていますが、レガートでは弦を押さえる手だけで音を出す場面が増えてきますのでピッキングを使わずとも確実に音を出せるようにしましょう。

特に小指と薬指のプリングオフが中々音が出にくい!力が入りにくい!と思いますが音がちゃんと出ていないと思ったら一度立ち止まり、確実に音が出るスピードまで落として練習してみてください。

 

手を傷めないように注意!

音を繋いで滑らかなフレーズを演奏するというテクニックの性質上、レガートのフレーズでは指板を大きく移動するためにストレッチフレーズがよく出てくる傾向にあります。

そうでなくても左手でハンマリングオン、プリングオフばかりで音を出しているのですから左手の負担は大きいです。

 

練習中に左手の筋や腱に変な痛みを感じたら無理せず休憩しましょう。

そのまま無理して続けていると腱鞘炎などになりかねません(;´Д`)

また、練習が終わった後はゆっくりお風呂に浸かってマッサージするとよいでしょう〇

フレーズ紹介

それでは今回のフレーズを見ていきましょう。

レガートのフレーズは挙げだすとキリがないほどバリエーションに富むので今回はプリングオフとハンマリングオンを組み合わせたごく基本的なものを紹介します。

www.youtube.com

EX1

f:id:kijitora_guitar:20201113002833p:plain

 小指から始まる6連符のフレーズですね。

イングウェイがよくフルピッキングで弾いてるイメージがありますがこのフレーズ、レガートの練習としても実に効果的です。

 

まず小指を確実に使うことでおざなりになりがちな小指のトレーニングになります。

また、ピッキングを最初の1音だけして後は全て左手で音を出してるので左手の動きだけに集中できます。

1音1音確実に出せるようにしていきましょう。

 

EX2

f:id:kijitora_guitar:20201113003643p:plain

ハンマリングオンとプリングオフの連続です。

このようなフレーズを”トリル”といいます。

動画では人差し指と薬指で弾いていますが、薬指を中指、小指に変えて弾いてみると左手の強化になりますよ~。

 

トリルでのポイントはちゃんとテンポに合った回数で弾くことです。

同じテンポでトリルの回数を増やそうと思えば当然ですが左手の動きを早くしなければいけません。

ですが無理に音を多く詰め込んでも結局テンポに合ってないだとか、拍によって入ってる音の数が違うだとかになるといけないので確実に弾ける音数から初めて増やしていくようにしましょう!

 

EX3

f:id:kijitora_guitar:20201113004544p:plain

繰り返しが特徴的なフレーズです。

動画では編集ミスでTABが画面中央に来てますが気にしないでくださいね…

 

さてこのフレーズは弾きやすくするためにアップピッキングから入っています。

4弦と3弦をアップ→ダウン→アップ→ダウン…と往復していますね。

またいつか記事にしようと思っているのですがこういったオルタネイトではあるけれども”弦と弦の間”でのピッキングのことをインサイドピッキングといいます。

個人差があるのでやりやすいピッキングを探してもらうといいのですが、この方法が一番右手の移動範囲が狭いので無駄のない動きではあります。

 

そして最後の4弦6Fの音は7Fからスライドで降りています。

今回のフレーズ紹介ではほとんど出てこないのですがレガートはスライドも上手く使っていくことが大事になるので申し訳程度のスライド要素です(^▽^;)

練習の議題的にはレガートですが、ついでに色んなテクニックにも触れてみよ~!ということで作ったフレーズです(`・ω・´)

 

EX4

f:id:kijitora_guitar:20201113010030p:plain

弦飛び(スキッピング)を使ったフレーズです。

これを考えたとき「ん?これレガートか?」と思ったのはここだけの話ですが細かいことは置いときましょう。

ハンマリングとプリングを使ってかつ練習になるフレーズならなんでもいいのさ

 

3弦から1弦にいきなり移動してますね。このように弦を飛ばして演奏するテクニックをスキッピングといいます。

ポールギルバートとかがよく使いますね。

スキッピングのいいところは瞬時に音程を大きく変えることが出来るのでトリッキーなフレーズを作れることですね。僕も好きです。

ポイントとしては人差し指を素早く1弦10Fに移動させることです。

「あ!ここ1弦じゃない2弦だ!押さえる場所違う!」

「あ!ピッキングする弦違う!」

とかはスキッピング練習し初めにはあるある探検隊ですのでこれもゆっくり焦らず手に形を覚えさせていきましょう(`・ω・´)

 

練習による疲労

これはレガートの練習に限った話ではないのですが、左手を酷使する為このテクニックを練習したときによく感じるかなと思い書きます。

 

ひたすら練習して「よし!だいぶ弾けるようになったぞ!」と思った次の日、再び弾いてみると思ったように弾けない、というか左手の動きが鈍い。といった状態になるかと思うのですがこれは手の疲れからですね。

そもそも今まであまりしてない練習などにトライすると、”そのフレーズを弾くための筋が備わっていないわけですから慣れている練習よりも当然疲労は大きいです。

そういう時は違う練習をしてみるだとか、機能のおさらい程度にスピードを落として練習してみるといいと思います。

ダメなのは「昨日弾けたのにどうして上手く指が動かないんだろう…」と落ち込んでしまうことです。

焦らない焦らない、一休み一休み( ^^) _旦~~

 

あとがき

さて今回はレガートのフレーズを紹介しました。

これはごく基本的なものですが発展的なものになると色々なテクニックとの複合型が出てきてもう手に負えないレベルにまで難易度が上がります(^▽^;)

徐々に難易度を上げて紹介していこうかなと思いますよ~。

それではまた。