きじとらのギター雑談所

きじとらのギター雑談所

ギターや音楽についてのあれこれ

手が小さいとギターは弾けない?

こんばんは、鬼滅の刃では伊之助が好きです。きじとらです。

今日はギタリストが一度は考えるであろう''手の大きさ''についてのあれこれを書いていきます。

 

これを読み終わる頃には「手が小さいから上手くなれない…」と思ってる人が前向きな気持ちになってくれてればいいなと思います。

手の大きさの測り方

漠然と手が小さい、大きい、と思ってはいても実際のところ手の測り方が分からない、測ったことがないという人がほとんどだと思います。

小さいと思っていたが実は平均的な大きさだった!なんてこともあるのでこの機に1度手の大きさを測ってみましょう。

どこを測るの?

手の測り方と言っても色んな測定場所があるので今回は

・手長

・第1指長〜第5指長

・手掌長第3指

について取り上げます。

手長

まず手長です。
f:id:kijitora_guitar:20201113124723j:image

これは手全体の長さになりますね。

測定方法は画像の通りですが、人によって指の長さは違うので薬指でも中指でも自分の一番長い指の先までの距離を測りましょう。

平均値

男性:183mm

女性:169mm

となっています。

因みに僕は178mmでした(・_・)フムフム…

第1指長〜第5指長

次に指の長さを見てみましょう。

f:id:kijitora_guitar:20201114003210g:plain

例として人差し指を。他の指も測り方は同様です。

親指を第1指と言い、そこから順番に2,3,4,5,となっているようですね。

分かりやすいように指の俗称で書きます。

平均値

親指・・・・・男性:60mm

       女性:56mm

 

人差し指・・・男性:71mm

       女性:66mm

 

中指・・・・・男性:79mm

       女性:74mm

 

薬指・・・・・男性:74mm

       女性:69mm

 

小指・・・・・男性:59mm

       女性:54mm

 

ふむふむなるほどこれは面白いですね。

平均として中指が一番長く、次いで薬指が長いことが分かります。

また、男性の方が女性より約5mmずつ指が長いようですね。

 

僕はというと…え?興味ないですか?まあまあそう言わずに…

親指・・・・・58mm

人差し指・・・65mm

中指・・・・・73mm

薬指・・・・・72mm

小指・・・・・58mm

という感じでした。男性の平均には届かずといった感じですかね(;'∀')

 

手掌長第3指

次は所謂手のひらの大きさですね。

f:id:kijitora_guitar:20201114004838g:plain

平均値

男性:105mm

女性:96mm

きじとら:102mm

 

ふむふむ…え?余計なものを混ぜるなって?

まあまあそう言わずに…

 

どうでしたか?実際測ってみて自分の手の大きさが平均より大きいのか小さいか分かったところで次に行きましょう。

手が小さいとギターは上手くならないの?

今日のテーマはずばりこれです。

もうここから読んでくれてもいいです。指の長さ?測らなくてもいいですそんなものは

 

結論から言うと手が小さくても充分ギターは弾けます。というかほぼ心配しなくていいレベルです。

今から僕の見解を書いていきます。

子供でも上手い人は上手い

たまにYoutubeとかで見かけませんか?まだ小学生ぐらいのほんの子供なのに自分よりギター上手い子…

やる気無くしますよね

ギターを弾くのに最低限必要な手の大きさはそんなものだと思ってます。

確かに大きければ色々得なことはあります。大きい方が楽をできる場面が多いことは確かです。

ですが小さいからと言って上達できない理由にはなりません。

大きさよりどれだけ開くかが大事

僕がギター初心者に教えるときに必ず言うのが「ギターで大事なのは手の大きさじゃなくてどれだけ指が開くか」ということです。

指の可動域の広さは手が大きい人との差をグッと縮めてくれます。

 

僕は上記の通りあまり大きくないですが僕より手が大きい人が押さえれないストレッチフレーズを押さえることが出来たことがあります。

もし自分の手が小さいことを引け目に感じているのであれば指を大きく開けるように特訓しましょう。

方法としてはとにかくストレッチフレーズを弾いて指を慣らすことですね。

 

僕は初心者のころ左手の指と指の間に右手の握りこぶしを突っ込んで無理矢理広げたりしてました。

もしやる場合は自己責任で…あまりオススメはしません(;'∀')

とにかく!

全然開かないデカい手よりよく開く小さい手ですよ!これを覚えておいてください。

 

ん?よく開くデカい手?そんなのは考えなくていいんです!

違う押さえ方をすればいい

手が小さいが為にコードを上手く押さえられない、指が届かないフレーズがある。

そういう場面もあるかもしれません。

練習することは大事です。何事も創意工夫して挑戦。上達する上で重要なことです。

それでもダメだった時、いっそのこと諦めてしまいましょう。

 

僕の思考はこうです

 

指が届かなくてコードが押さえられない

→パワーコードでいいじゃん。

フレーズで指が届かない

→違うポジションで弾けばいいじゃん。

 

逃げでしょうか?いいえ戦略的撤退です( ´∀` )

パワーコードでいいじゃんは若干言い過ぎな感じもしますが要するに完璧に押さえる必要は無くて、ルート音とプラスアルファ押さえればコードとして成立するわけですからそれでいいのではないかということです。

それで短縮された時間を別の練習に回しちゃいましょうよ。

 

後はソロとかで指が届かないフレーズが出てきたときですね。

指を大きく開く特訓をしろと言ってもやはり物理的な限界というのはあります。

これだけは極端に手がデカい人と小さい人の埋められない差です。

それはもう割り切って違うポジションで弾いてみましょう。

ハイポジションになればフレットの感覚は小さくなっていくのですからどこかでは押さえられるポジションがあるはずです。

 

大きい手のメリット・デメリット

手が小さいと純粋に大きい手に憧れたりしますよね。

でも大きいのは大きいので大変なようですよ…?

メリットとデメリットを紹介します。

メリット

・コードを押さえやすい

・ストレッチフレーズが押さえやすい

・握りこんで弾きやすい

 

すごいですね、手が大きいということはギターをやる上で本当に大きなアドバンテージです。

ですが大きすぎるが故の悩みもあるようですね。

デメリット

・複雑なコードが押さえにくい

・ハイポジションが押さえにくい

・指が絡まる

・運指が大振りになる

 

なるほど…手が大きいと細かい動作をするときに指が絡まってしまいそうですよね。

それには指の太さも関係してきそうです。

となると理想はほどほどに長くて細い指なのでしょうかね…?

 

小さい手のメリット・デメリット

小さい(ここでは平均以下を指します)手のメリットとデメリットです。

そう悪いことばかりではないはずですよ?

メリット

・小回りが利く

・複雑なコードを押さえやすい

・ハイポジションを弾きやすい

 

手が小さいとそれだけ小回りが利くと感じている人は多いようですね。

その分複雑な動きにも対応しやすく、フレットの間隔が狭いハイポジションでも自由に動けるようです。

デメリット

・握りこんで弾きにくい

・指が届かない

 

指が届かない…これだけでも結構デメリットに感じますよね。

ですがそこはなんとか指の可動域を広げることで対処するしかありません!がんばりましょうね。

それと手が小さいと握りこんで押さえ辛いです。

とはいえ別に特別拘りがないのであればネックを握りこんで押さえる必要性もないのであまり気にしなくていいかなと思います。

まとめ

手の大きさの測り方に始まり、大きさによるメリットとデメリット等色々触れてきましたがまとめとしては

・手が小さくてもそんなに気にしなくていい!

・大きい手小さい手それぞれに良さがある!

・最も重要なのは手の大きさではなく可動域!

といった感じですね。

 

いずれ手を大きく開くためのトレーニングフレーズ等も紹介していきたいと思ってるので挑戦してみてくださいね。

それではまた。

 

AIST日本人の手の寸法データ-寸法項目一覧 | 研究チーム | 人工知能研究センター

ー資料引用元